長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております

弱視の治療

当院では、お子さんに応じて、主にアイパッチ訓練、オクルパッド訓練、もしくは両者の併用による弱視治療を行っております。

アイパッチ訓練

アイパッチ訓練とは
視力の発達期間(8歳くらいまで)にある小児に対して行う治療法で、視力の良い方の眼を隠して、遠視や斜視などが原因で、視力が低下している方の眼を積極的に使わせて視力の発達を促す訓練です。

オクルパッド訓練

小児向けタブレット型弱視訓練器「オクルパッド」を導入しました。

オクルパッド

《オクルパッドの主な特徴》

◎片眼遮閉を行わない両眼解放下の弱視訓練

アイパッチを行わずに訓練が出来ます

◎ゲーム性を取り入れた訓練

指を使って楽しみながら訓練が出来ます

※従来の片眼遮閉よりも、視力改善効果が優位になるとの報告があります。
お気軽にご相談下さい。

PAGETOP