長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております

研究発表

  • HOME »
  • 研究発表

研究発表

年をクリックすると、研究発表の記事が展開されます。

1979年
論文(抄録):4NQO(4-nitroquinoline 1-oxide) の confluent ヒト線維芽細胞に及ぼす影響
共著者名:近藤宗平、他
発表誌名:第22回日本放射線影響学会

1986年
論文(抄録):Relationship between diabetic retinopathy and axial length of the eye
共著者名:Okabe T et al
発表誌名:International Congress of Diabetic Complications of the Eye : 4

論文(原著):PDS(polydioxanone)の吸収過程における臨床病理
共著者名:百瀬皓、他
発表誌名:眼科臨床医報 80: 118-121

論文(抄録):糖尿病性眼合併症の統計的研究 第1報 眼軸長と糖尿病性網膜症との関連
共著者名:森田久仁、他
発表誌名:第3回関東眼科学会: 55

論文(抄録):糖尿病性眼合併症の統計的研究 第2報 糖尿病と角膜内皮細胞
共著者名:岡部隆康、他
発表誌名:日眼会誌 90 (臨増)

1987年
論文(原著):Rheology of surgical sutures for ophthalmology
共著者名:Takei S et al
発表誌名:Reports on Progress in Polymer Physics in Japan 30: 693-694

論文(原著):糖尿病性眼合併症の統計的研究 第1報 眼軸長と糖尿病性網膜症との関連
共著者名:森田久仁、他
発表誌名:眼科臨床医報 81:101-106

1988年
論文(原著):Factors contributing to emulsification of intraocular silicone and fluorosilicone oils
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci 31: 647-656

論文(抄録):Preliminary evaluation of poly-(chlorotrifluoroethylene) oil as a vitreous substitute
共著者名:Cajita V et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 29: 402

論文(抄録):Preliminary evaluation of BCNU in silicone oil in proliferative vitreoretinopathy
共著者名:Cajita V et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 29: 402

論文(原著):眼科領域における医用縫合糸の伸張特性
共著者名:武井 忍、他
発表誌名:日本バイオレオロジー学会誌 2: 142-148

1989年
論文(原著):Factors contributing to the emulsification of intraocular silicone and fluorosilicone oils
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci 31: 647-656

論文(抄録):Gas chromatographic analysis and solvent fractionation of silicone and fluorosilicone oils
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 30: 102

論文(抄録):Emulsification of intraocular silicone and fluorosilicone oils
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:63rd Colloid and Surface Science Symposium, Biological Materials V

論文(原著):糖尿病性網膜症に対するVinpocetine(CALAN)の臨床的検討
共著者名:百瀬皓、他
発表誌名:眼科臨床医報 83: 545-547

総説:ハーバード大学カンファレンス 今月の話題 Fluorescein Conference
共著者:
発表誌:あたらしい眼科 7: 83-84

1990年
論文(抄録):Topography and time course of retinal effects of intraocular silicone oil
共著者名:Tolentino V et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 30: 102

論文(原著):Analysis and fractionation of silicone and fluorosilicone oils for intraocular use
共著者名:Crabtree DV et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci 31: 2059-2069

論文(抄録):Toxicity of low-molecular-weight components of intraocular silicone oil
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 31: 102

著書:Biomaterials in Ophthalmology: An Interdisciplinary Approach.
編者名:Caranazza R, Versura P
出版社:Studio E.R. Congress

1991年
論文(原著):Ocular toxicity of low-molecular-weight components of silicone and fluorosilicone oils
共著者名:Crabtree DV et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci 32: 3007-3020

論文(抄録):The chemistry of and factors contributing to emulsification of intraocular silicone and fluorosilicone oils and perfluorocarbon fluids
共著者名:Refojo MF et al
発表誌名:Recent Advances in the Research and Management of Vitreoretinal  Disorders : 63

論文(抄録):ウシ炭酸脱水酵素IIの希酸による限定加水分解の検討
共著者名:岸田健一、他
発表誌名:第16回日本医用マススペクトル学会

論文(抄録):人工硝子体とその問題点
共著者名:
発表誌名:第13回日本バイオマテリアル学会予稿集 13: 24

総説:眼内におけるシリコンオイルの乳化機序について
共著者:Refojo MF、他
発表誌:眼紀 42: 972-982

総説:眼科領域におけるレオロジー
共著者:岸田健一、他
発表誌:日本バイオレオロジー学会誌 52: 37-50

1992年
論文(抄録):水溶性キチン誘導体の眼組織に及ぼす影響
共著者名:池田恒彦、他
発表誌名:日眼会誌 96 (臨増): 210

論文(抄録):乳化しにくい疎水性素材からなる代用硝子体
共著者名:池田恒彦、他
発表誌名:日眼会誌 96 (臨増): 210

論文(抄録):生体接着剤ウレタンプレポリマーの眼科領域への応用
共著者名:岩橋洋志、他
発表誌名:日眼会誌 96 (臨増): 171

論文(原著):人工硝子体の現状と問題点 - シリコンオイルを中心に
共著者名:
発表誌名:眼科手術 5: 71

論文(抄録):シリコンオイルとフルオロシリコンオイルを併用した眼内タンポナーデについて
共著者名:坂上憲史、他
発表誌名:第31回網膜剥離学会

論文(原著):X線透視下における鼻涙管シリコンチューブ挿入術
共著者名:中江玲子、他
発表誌名:兵庫県眼科医会会報 117: 22-23

1993年
論文(抄録):インターフェロン投与患者にみられる網膜症
共著者名:中江玲子、他
発表誌名:兵庫県眼科医会集談会

論文(抄録):1H-NMRによるグルコースと硝子体成分との相互作用の観察
共著者名:坂上憲史、他
発表誌名:日眼会誌 97 (臨増): 254

論文(抄録):光架橋性ムコ多糖誘導体を用いた結膜癒着防止技術の開発
共著者名:岩橋洋志、他
発表誌名:日眼会誌 97 (臨増): 271

論文(原著):水痘による小児の球後視神経炎
共著者名:飯塚修三、他
発表誌名:臨眼 47: 750-751

総説:人工硝子体とその問題点
共著者:山中昭夫
発表誌:生体材料 11: 41-55

1996年
論文(抄録):Photocrosslinked mucopoly-saccharides prevent postoperative conjunctivo-scleral adhesion
共著者名:Hosokawa M et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 37: 523

論文(原著):松本市における有機リン系ガス(サリン)中毒の眼症状の解析
共著者名:野原雅彦、他
発表誌名:臨眼 50: 769-774

1997年
論文(原著):Advanced glycation end products induce expression of vascular endothelial growth factor by retinal Muller cells
共著者名:Hirata C et al
発表誌名:Biochem Biophys Res 236: 712-715

論文(抄録):Proton NMR study on vitreous bound water
共著者名:Ouchi M et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl) 38: s770

論文(原著):シリコーンオイル/フェニルシリコーンオイル共重合体の乳化傾向に関する実験的研究
共著者名:池田恒彦、他
発表誌名:日眼会誌 101: 111-117

論文(抄録):眼内紫外線照射装置の網脈絡眼に及ぼす影響
共著者名:安原徹、他
発表誌名:日眼会誌 101 (臨増): 129

論文(抄録):プロトンNMRによる硝子体結合水の検討
共著者名:大内雅之、他
発表誌名:日眼会誌 101 (臨増): 226

論文(原著):老人性黄斑変性症における血中脂肪酸分画の分析
共著者名:大内雅之、他
発表誌名:第51回日本臨床眼科学会 : 250

1998年
論文(原著):ヒアルロン酸の色素増感分解機構の研究
共著者名:松原千恵、他
発表誌名:長野県眼科医会会報 91: 19-20

1999年
論文(原著):フェノチアジン系薬剤によるヒアルロン酸の光分解
共著者名:高木知子、他
発表誌名:長野県眼科医会会報 96: 14-15

論文(抄録):ヒアルロン酸の光分解機構
共著者名:小島政信、他
発表誌名:日本化学会篇76春季年会講演予稿集II: 1152

論文(抄録):ヒアルロン酸光分解反応の臨床応用への可能性
共著者名:小島政信、他
発表誌名:日本化学会篇76春季年会講演予稿集II: 1152

論文(抄録):酸化チタンコート眼内レンズによる後発白内障抑制効果
共著者名:安原徹、他
発表誌名:日眼会誌 103 (臨増): 111

論文(抄録):グルコースのヒアルロン酸粘度及び結合水に及ぼす影響
共著者名:大内雅之、他
発表誌名:日眼会誌 103 (臨増): 117

論文(抄録):黄斑円孔患者の硝子体エストロゲン濃度の測定
共著者名:井口直己、他
発表誌名:日眼会誌 103 (臨増): 164

2000年
論文(原著):Methylene blue sensitized degradation of sodium hyaluronate through photoinduced electron transfer
共著者名:Kojima M et al
発表誌名:The Chemical Society of Japan Chemical Letters 2000: 354-355

論文(抄録):Vitreous estrogen levels in subjects with idiopathic macular hole.
共著者名:Uchihori Y et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl)41: s341

論文(抄録):Genetic association of paraoxonase gene polymorphisms with age-related macular degeneration and their relation to plasma oxidized low density lipoprotein
共著者名:Ikeda T et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl)41: s399

論文(抄録):フェノチアジン系薬剤を増感剤とするヒアルロン酸ナトリウムの光分解反応と光毒性強度の相対的評価
共著者名:根橋怜美、他
発表誌名:日本化学会篇78春季年会講演予稿集II: 1264

論文(抄録):加齢黄斑変性患者における肺炎クラミジア感染の頻度
共著者名:石田理、他
発表誌名:日眼会誌 104(臨増): 229

論文(抄録):加齢黄斑変性における Paraoxonase 遺伝子の多型性及び血中酸化 LDL との関連
共著者名:池田恒彦、他
発表誌名:日眼会誌 104 (臨増): 231

2001年
論文(抄録):Renin-angiotensin system in proliferative diabetic retinopathy and its gene expression in cultured humann Muller cells
共著者名:Ikeda T et al
発表誌名:Invest Ophthalmol Vis Sci (suppl)42: s803

論文(原著):Emulsification tendency of silicone-phenylsilicone copolymer
共著者名:Ikeda T,Sakagami K, Iwahashi H,Sugimoto K, Matsuda T,Tano Y
発表誌名:Jpn J Ophthalmol 45: 53-59

論文(原著):Correlation between phototoxicity and photoionization efficiency of phenothiazine drugs
共著者名:Kojima M et al
発表誌名:The Chemical Society of Japan Chemical Letters 2001: 544-545

論文(原著):Cationic dye-sensitized degradation of sodium hyaluronate through photoinduced electron transfer in the upper excited state
共著者名:Kojima M et al
発表誌名:Photochem Photobiol 74: 369-377

論文(原著):Vitreous levels of insulin-like growth factor-l in patients with proliferative diabetic retinopathy
共著者名:Inokudhi N,Ikeda T, Imamura Y,Sotozono C, Kinoshita S,Uchihori Y,
発表誌名:Curr Eye Res 23: 368-371

2002年
論文(原著):A novel relation of fatty acid with age-related macular egeneration
共著者名:Ouchi M et al
発表誌名:Ophthalmologica 216: 363-367

著書:眼科119番 – アッ目が・・・そんなとき、まず
編者名:中村友昭
出版社:日刊工業新聞

2003年
論文(原著):Renin-angiotensin system in proliferative diabetic retinopathy and its gene expression in cultured human Muller cells
共著者名:Kida T,Ikeda T, Nishimura M,Sugiyama T, Imamura Y,Sotozono C, Nishida K,Kinoshita S, Yoshimura M,Inokudhi N
発表誌名:Jpn J Ophthalmol 47: 36-41

論文(原著):Is Chlamydia pneumoniae infection a risk factor for age related macular degeneration?
共著者名:Ishida O,Oku H,Ikeda T, Nsihimura M,Kawagoe K
発表誌名:Br J Ophthalmol 87: 523-524

論文(抄録):AGE(最終糖化産物)のヒアルロン酸光分解に及ぼす影響
共著者名:桑原ちひろ、他
発表誌名:日眼会誌 107 (臨増): 316

2004年
論文(原著):Effects of advanced glycation end products on hyaluronan photolysis: A new mechanism of diabetic vitreopathy
共著者名:Katsumura C,Sugiyama T, Obayashi H,Hasegawa G, Oku H,Ikeda T
発表誌名:Ophthalmic Res 36: 327-331

論文(抄録):硝子体の病態生理 網膜硝子体疾患の分子レベルにおける病態解明
共著者名:池田恒彦、他
発表誌名:日眼会誌 107 (臨増): 785-812

論文(原著):インターフェロン投与により増悪した糖尿病黄斑前膜に硝子体手術を施行した1例
共著者名:佐藤陽子、他
発表誌名:眼紀 55: 46-49

2005年
論文(原著):Increased specific antibody titers against chlamydia pneumoniae in patients with age-related macular degeneration
共著者名:Ishida O et al
発表誌名:Bulletin of the Osaka Medical College 51: 17-22

論文(抄録):末梢血Th1/Th2バランスと糖尿病黄斑浮腫との関連
共著者名:糸井恭子、他
発表誌名:日眼会誌 109(臨増): 204

2006年
論文(原著):Effects of Chymase on the Macular Region in Monkeys and Porcine Muller Cells:
Probable Involvement of Chymase in the Onset of Idiopathic Macular Holes
共著者名:Sugiyama T,Katumura k, Kobayashi M,Muramatsu M, Maruichi M,Oku H, Takai S,Miyazaki M, Ikeda T
発表誌名:Ophthalmic Res 38: 201-208

2008年
論文(原著):Relationship between diabetic macular edema and peripheral Th1/Th2 balance
共著者名:Itoi K,Oku H,Ishizaki E, Sugiyama T,Ueki M, Maeno T,Sato B,Ikeda T
発表誌名:Ophthalmologica 222: 249-253

論文(原著):The ocular features in a father and a son with central areolar choroidal dystrophy
共著者名:Okuno T,Oku H, Sugasawa J,Hamamura HW, Nakamura K,Ikeda T
発表誌名:Nihon Ganka Gakkai Zasshi 112: 688-694

2010年
論文(原著):Magnetic resonance imaging findings of Terson’s syndrome suggesting a possible vitreous hemorrhage mechanism
共著者名:Sakamoto M,Shibata M, Yokoyama K,Matsuki M, Ikeda T
発表誌名:Jpn Ophthalmol 54: 135-139

2012年
論文(原著):クモ膜下出血患者におけるクモ膜下出血量と眼内出血の関連
共著者:坂本理之
発表誌:日本眼科学会雑誌 116(4): 379-382, 2012.

2014年
論文(原著):Progression of nuclear sclerosis based on changes in refractive values after lens-sparing vitrectomy in proliferative diabetic retinopathy
共著者名:Ikeda T,Minami M, Kida T,Fukumoto M, Sato T,Ishizaki E
発表誌名:Clin Ophthalmol : 959-963

2015年
論文(原著):Vitreous estrogen levels in patients with an idiopathic macular hole
共著者名:Inokuchi N,Ikeda T, Morishita S,Fukumoto M, Kida T,Oku H
発表誌名:Clin Ophthalmol : 549-552

論文(原著):Measurement of serum and vitreous concentrations of anti-type Ⅱ collagen antibody in diabetic retinopathy
共著者名:Nakaizumi A,Fukumoto M, Kida T,Suzuki H, Morishita S,Satou T, Oku H
発表誌名:Clin Ophthalmol : 543-547

論文(原著):Changes in Expression of Nestin,CD44,Vascular Endothelial Growth Factor,and Glutamine Synthetase by Mature Muller Cells After Dedifferentiation
共著者名:Hosoki A,Oku H,Horie T, Kida T,Sugiyama T
発表誌名:J Ocul Pharmacol Ther :

論文(原著):The role of tryptase and anti-type II collagen antibodies in the pathogenesis of idiopathic epiretinal membranes.
共著者:Ikeda T
発表誌:Clin Ophthalmol. 29:1181-6

2016年
論文(原著):Expression of a hyaluronic acid-binding proteoglycan (versican) in the cynomolgus monkey eye.
共著者:Tajiri K
発表誌:Int Ophthalmol. 36:651-6

2017年
論文(原著):Two Cases of Proliferative Diabetic Retinopathy with Marked Sheathing of the Retinal Arteries following Vitrectomy.
共著者:Nishikawa Y
発表誌名:Case Rep Ophthalmol. 8:40-48

  1. 初診の方
  2. 問診票ダウンロード
  3. 目の病気
  1. スタッフブログ
  2. みるコンタクト
PAGETOP