長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております

近視の治療

0.01%アトロピン点眼による近視抑制治療

0.01%アトロピンとは

通常、弱視、斜視がある乳幼児の屈折検査をする際に使用する1%アトロピン点眼液を100倍に薄めた点眼液のことです。
1%アトロピンは、近視の進行予防に効果がありますが、散瞳作用(瞳が開きまぶしくなる)や、調節麻痺作用(近くの物がぼやけて見える)がありますので、近視予防には使えないと考えられてきました。

しかし、近年、濃度をとても薄い状態にした0.01%アトロピン点眼液でも、まぶしさや見えづらさを抑えつつ、近視の進行予防に効果が得られることが分かってきました。

作用機序

近視は、眼の奥行き(眼軸長)が伸びることにより生じます。アトロピンは、脈絡膜や強膜に分布するムスカリン受容体に直接作用し、眼軸長を長くさせないことで近視の進行を抑える働きがあると言われています。

治療方法

1日1回、就寝前に1滴点眼します。点眼後、目頭を数分間圧迫して下さい。点眼を続けることにより「裸眼視力が上がる効果」は望めませんが、現在の状態より「近視の進行が進まない効果(平均60%軽減)」が期待できます。

近視進行抑制眼鏡(MCレンズ)

MCレンズとは

お子様の近視進行を抑える為に特別に設計された、世界初の眼鏡レンズです。
長時間の細かい作業のピント調節などで眼への負担を軽減し、手元作業時の緊張を緩和します。

MCレンズが近視進行の抑制に効くのはなぜ?

近視の進行を左右する環境要素は手元での作業です。通常の状態において、至近距離にあるものを見る場合、眼の筋肉を使ってピントを合わせようとします。
この過程は「調節」と呼ばれています。

至近距離を見る時に必要なこの「調節」を手助けすることで、近視の進行を抑制することが可能だと考えられています。
この方法を取り入れたのがMCレンズです。

MCレンズの近視進行抑制-遠くを見ているとき
遠くを見ているときは筋肉(毛様体筋)が休んでいる状態です。
MCレンズの近視進行抑制-通常のレンズで近くを見ているとき
通常のレンズで近くを見ると、大きな”調節”をすることになり、目に大きな負担が掛かります。
MCレンズの近視進行抑制-MCレンズで近くを見ているとき
MCレンズで近くを見ると”調節”が助けられ過度な負担を軽減することができます。

MCレンズは近視進行の抑制に一定の効果がある事が実証されています。
MCレンズによる近視進行抑制は、科学的エビデンスによって効果が指示される数少ない近視進行抑制法の一つです。

MCレンズを使用した近視進行の抑制の実証研究が、4年間にわたって岡山大学眼科で行われました。その結果、通常の眼鏡(単焦点)に比べてMCレンズの方が15%近視の抑制に有効であったと結論づけられました。

MCレンズの仕組み

MCレンズの仕組み

MCレンズご使用の目安

7歳頃を目安に近視が進行し始めたら装用を開始してください
一度進行した近視は治りにくいので、早期発見・早期治療が大切です。
近視の急速な進行は成長期と重なります。7歳頃から始めて、18歳頃までは抑制を続けましょう。

MCレンズについてのQ&A

MCレンズはすべての近視児童に効果がありますか?
子供用に特別に設計されていますので、全ての近視児童に適合します。
*抑制効果には個人差があります。
近視がどの程度進行したときにMCレンズを使用し始めるのが効果的ですか?
手元作業時の眼の緊張を助けることによって、近視の進行を抑制するように設計されています。近視が判明したら、なるべく早い段階で使用し始めてください。
MCレンズは一日何時間くらい装用すればいいですか?
可能な限り、起きている間はずっと装用してください。(かけ外しを頻繁に行うと効果が出ない場合があります)
MCレンズをかけたまま運動しても大丈夫でしょうか?
激しいスポーツをする場合は、外した方が安全です。
MCレンズにUVカット機能はついていますか?
はい、標準でUVカット機能がついています。
どこの眼鏡店でも作成可能ですか?
当院指定の眼鏡店での作成となります。
PAGETOP