長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております

抗VEGF剤

抗VEGF剤治療について

加齢黄斑変性症は、網膜の中心である黄斑部に起こる疾患で、視力低下や変視症(歪んで見える)をきたします。

また黄斑の中心部には、中心窩という視機能に最も重要な部分があり、この部分に異常が及ぶと視力の低下が更に深刻になります。
この加齢黄斑変性症には、滲出型と萎縮型の2種類のタイプがあります。

滲出型は、網膜の下にある脈絡膜から異常な血管(脈絡膜新生血管)が増殖することによって起こります。この脈絡膜新生血管の増殖は、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)により誘導されることが分かっており、その働きを抑える作用のある抗VEGF剤を眼内の硝子体内に投与することにより、治療することが可能です。

この抗VEGF療法は、滲出型加齢黄斑変性症以外に、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、強度近視による脈絡膜新生血管、糖尿病網膜症に伴う黄斑浮腫に対しても有効です。
尚、萎縮型加齢黄斑変性症の進行は遅いですが、現在のところ、著効を示す治療薬はありません。

画:バイエル薬品株式会社・参天製薬株式会社

抗VEGF剤投与の効果

●滲出型加齢黄斑変性症

●糖尿病黄斑浮腫

●網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫

抗VEGF剤の薬品名と適応

薬品名 病名
アイリーア 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫
糖尿病黄斑浮腫
滲出型加齢黄斑変性症
病的近視における脈絡膜新生血管
ルセンティス 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫
網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫
糖尿病黄斑浮腫
滲出型加齢黄斑変性症
病的近視における脈絡膜新生血管
マクジェン 加齢黄斑変性症(脳梗塞既往症のある場合)

当院では平成21年より、手術室で抗VEGF剤の注射を行っています。

 

年度 日帰り白内障手術件数
平成21年~平成23年 123件
平成24年 58件
平成25年 61件
平成26年 67件
平成27年 101件
平成28年 97件

 

PAGETOP