長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております

レーザー診療

当院のレーザー治療について

当院では、各種網膜疾患、後発白内障、緑内障に対して、適応を十分に検討した上でレーザー治療を行っております。

網膜レーザー診療

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性脈絡網膜症、等の網膜疾患の治療を行う際には、術前に蛍光眼底造影やOCT(網膜光干渉断層計)を用いて網膜内部の状態を確認した後、レーザー治療を実施しています。

網膜疾患の治療には、ルミナス社製のマルチカラーレーザー光凝固装置を導入し、症例に応じて、グリーン、イエロー、及びレッドの3波長を用いたレーザー治療を行っております。

網膜レーザー診療

OCT画像による網膜レーザー手術の効果

●中心性漿液性脈絡網膜症

レーザー照射によって網膜色素上皮からの水分の漏出が抑えられ、網膜の下に貯留した水(漿液性網膜剥離)が消失しています。

YAGレーザー診療

後発白内障の治療に用いるYAGレーザーは、光学的性能の高いエレックス社製ウルトラQの装置を用い、眼内レンズへのレーザーによるダメージを最小限に防いでいます。

後発白内障とは

白内障の手術後、数か月から数年して、また「まぶしくなる」「目がかすむ」ことがあります。これは、「後発白内障」といわれるもので、手術の際に残しておいた水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。

後発白内障は手術の必要がなく、レーザーを使って簡単に濁りを取ることができます。視力はすぐに回復し、入院の必要もありません。

画像挿入エリア(検討中)

レーザービトレオライシス

硝子体に混濁ができることで、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んで見える症状を飛蚊症と言います。現在、当院における飛蚊症の患者様への対応は以下の3通りです。①経過観察、②硝子体手術による混濁の除去、③レーザービトレオライシスによる硝子体混濁の破砕があります。
レーザービトレオライシスとは、浮遊物による視覚障害を解消できる、痛みを伴わない低侵襲性の治療法です。治療1回あたりの所要時間は、通常15-20分です。十分な治療結果を得るには、複数回の治療が必要な場合があります。

ビトレオライシスの目標は「改善」であり、「完治」ではありません。
飛蚊症には重篤な網膜疾患が原因するものと加齢性変化による生理的な原因のものがあり、当レーザー治療が有効であるか否かの判断の為にも十分な検査が必要となります。
ご興味のある方は当院スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

レーザービトレオライシス上記写真は、
後部硝子体剥離により、硝子体皮質が視神経乳頭から剥がれた結果、生じる大きなリング状の浮遊物です。

 

PAGETOP