長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております
ブログ

目の病気

ドライアイの治療

<涙点プラグについて>涙点とはまぶたの鼻側の目頭の所に上下にポツンとある穴のことで、涙のいわば排水口です。涙点プラグは目の表面が乾燥することによるドライアイに有効です。涙の流出口にプラグ(栓)を差し込むことにより、涙を目 …

新年のご挨拶

昨年は新型コロナウイルスの蔓延により、今までに経験したことのないような制約された生活を強いられることになり、医療の分野でも大きな影響を受けました。新年に入っても更に感染が拡大し、再度の緊急事態宣言が大都市圈を中心に発出さ …

閃輝暗点

《症状》 視界に突然、ギザギザした光が見え、目の前が見えづらくなります。 この状態が数分から、4~50分続きます。これが治まったあと片頭痛が起こることがあり、ひどい場合には吐き気や嘔吐を伴うこともあります。 《原因》 閃 …

網膜静脈閉塞症

 まだ落ち着かない気候ではありますが大分寒くなってきました。冬支度はもう済ませていますか?  冬になり寒くなることで生じやすくなる病気は少なくありません。冬になると血圧が高くなる、というのは皆さんどこかしらで聞いたことが …

大人の近視

近視は成長期の子供に多いと言われています。成長に伴い、眼軸長(角膜表面から網膜までの長さ)が長くなるからです。 しかし、最近では、大人でも近視の進行が見られます。スマートフォンなど近くを見る機会が多い事があげられ、成人し …

色覚異常

色覚異常とは、正常とされる他の大勢の人とは色が異なって見えてしまう状態の事を言います。 その為、色の区別がつきにくい場合があり、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。 物を見るという機能は、視力、視野、色覚の3 …

網膜剥離

(網膜剥離とは) 20歳代と50~60歳代の近視の人に発生しやすいことが知られています。 多くは網膜に穴があき(網膜裂孔)、その穴から水分が網膜の裏側にまわりこんで穴を広げていき、 網膜が網膜色素上皮だけを残して脈絡膜か …

新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルスが世界中で拡大し、長野県でも増加傾向にあります。 感染ルートとして、主に「飛沫感染」と「接触感染」の2つと言われています。ウイルスが付着した手指で目を触るとウイルス性結膜炎を起こす可能性もあり、当院でも …

結膜炎の話

新型コロナウイルスが流行していることもあり、先日からコンタクトレンズの定期検診などでコンタクトをつけ外しする患者さんに、着脱前に加え、着脱後の手洗いを必ずお願いするようにしております。目の涙液が指につき、そのままあちこち …

網膜裂孔・網膜剥離

眼球壁の内側には、網膜という薄い膜があります。 この網膜に亀裂や穴が開くことを網膜裂孔といいます。 また、網膜裂孔などが原因となって、網膜が剥がれてしまうことを網膜剥離といいます。 網膜が黄斑部まで剥がれた場合、急激に視 …

« 1 2 3 15 »
PAGETOP