長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております
ブログ

目の病気

キープティア(コラーゲン使用 涙点プラグ)

ドライアイによる目のトラブルでお悩みの方は多くいらっしゃるかと思いますが、今回はその治療法としてキープティアをご紹介します。   ドライアイは、まず点眼での治療を行いますが、それでも改善されない場合は涙点プラグ …

緑内障のお話③

今回で3回目の緑内障のお話になります。 緑内障は視神経乳頭の障害によって起こる病気、という事で、今回はその視神経乳頭についてのお話をします。 人が何かを見て網膜に映った情報は、視細胞という細胞で電気信号に換えられ、神経線 …

緑内障のお話②

前回は、眼内を循環している房水についてお話ししましたが、今回は房水の出口の部分「隅角」についてお話しします。 房水は、虹彩の後ろ側から前の方に流れ、角膜と強膜の境界部分と虹彩の間を通り、眼の外へ出ていきます。 この房水の …

緑内障のお話①

緑内障は何らかの原因で視神経が障害され、視野が狭くなる病気で、眼圧上昇がその原因の一つと言われていて日本の失明率第1位になっています。 今回は、眼圧と大きく関わる房水についてお話しします。 房水とは眼内を循環している水で …

閃輝暗点とは

せんきあんてん、と読みます。最近では認知度が上がった病名の一つかと思われます。 症状> 視界に突然、ギザギザした光が見え、目の前が見えづらくなります。この状態が10数分から、4~50分程続きます。これが治まったあと片頭痛 …

流行性角結膜炎(はやり目)

流行性角結膜炎は、アデノウィルスの感染によっておこる結膜炎です。 暑い時期はウィルスの活動性も高まるので、夏に患者さんが増えます。 長野県内でも6月の終わりから、流行性角結膜炎に罹る人が増えてきています。 長野県感染症情 …

コンタクトレンズを正しく使っていますか?

最近、使い捨てコンタクトレンズを使っている方が検診の際に「巨大乳頭性結膜炎」と診断されることが多くなっています。 『巨大乳頭性結膜炎』とは コンタクトレンズに付いた汚れが原因でアレルギー性結膜炎を起こして、上まぶたの裏側 …

点眼薬についての質問

「点眼してもあふれるので、何滴も点眼しても良いですか?」 もともと点眼薬は1滴点眼したうちの2/3はあふれてしまい、それでも十分効果があるように作られています。1滴入れば効果は得られます。 点眼薬の中には防腐剤などの添加 …

眼軟膏の使い方

軟膏は使用目的によって、つけ方が異なります。正しい使い方をしないと、しっかりとした効果が得られないことがあります。 眼軟膏の使用目的は、大きく3つに分かれます。 ①まぶたの皮膚の炎症などで、皮膚に塗る 指先に軟膏を出し、 …

0.01%アトロピン点眼で近視予防

当院では、お子さんの近視の進行予防のために、0.01%アトロピン点眼での治療法を行っています。 1%アトロピンは以前から、眼の奥行(眼軸長)を抑制する効果があるといわれていましたが、ピント調節麻痺作用があり、散瞳状態にな …

« 1 2 3 4 11 »
PAGETOP