長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております
ブログ

目の成長

「スポットビジョンスクリーナー」導入しました

「スポットビジョンスクリーナー」は、これまで測定が難しかった小児(生後6ヶ月の乳幼児から測定可能)に対して、迅速かつ正確に測定するために開発されたものです。 測定内容(検査で分かること)は、近視、遠視、乱視の度数、不同視 …

遠視の話

遠くから目に入ってきた光が、網膜より後ろで像を結ぶ状態を遠視と言います。 原因により屈折性遠視と軸性遠視に分類されます。 ○屈折性遠視 眼軸長は標準ですが、屈折力が弱いために起こる遠視を、屈折性遠視と言います。 ○軸性遠 …

子供の眼の発育

子供の視力は、生後すぐは0.01、6ヶ月で0.1、1歳で0.2~0.3、2歳で0.6、3歳で1.0に達すると言われています。 眼軸長(眼球の長さ)は生後すぐは約17mm、3歳で22.5mm、13歳でほぼ成人と同じ24mm …

近視の進行予防に有効と言われているメガネレンズ

前回、近視についてお話をさせて頂きました。 当院のトップページから現在リンクをはっていますが、お子さんの近視の進行を抑制する眼鏡レンズ、という事でご案内をさせて頂いているメガネがあります。 ※平成29年11月にカールツァ …

姿勢の崩れと近視の関係

姿勢が悪かったり、寝転んでテレビを見たり読書をすると、近視が進んだり、左右の視力に差が出やすくなるといわれています。 これは、姿勢が悪いと目と本の距離が近くなりすぎたり、左右で目と本の距離に差が出たりするためです。 急に …

スポーツと眼

当院でも小学校入学前、三歳児検診時から、メガネをかけて頂いているお子さんに たくさん通院して頂いております。 そのお子さんたちが、中学生、高校生になり、部活動時やスポーツ時の目の矯正について 相談されることが多くなりまし …

PAGETOP