長野県松本市 | 負担の少ない白内障手術・硝子体手術を実施しております
ブログ

中村眼科

黄斑上膜と黄斑円孔

今回は黄斑上膜(前膜)と黄斑円孔についてお話します。 【黄斑上膜】 黄斑上膜とは、網膜の中心の黄斑部に薄い膜が出来る病気です。 原因 加齢に伴う硝子体の変化によって生じるものと、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、ぶ …

増える子供の近視

子供の近視が世界的に増えています。近視は早く発症すればするほど進行の度合いが大きく、近視に起因する網膜の病気のリスクも高まります。その為、軽度であっても進行を予防すべきだと考えられ、治療法の開発が進められています。 世界 …

新年のご挨拶

令和の時代になって初めての新年、あけましておめでとうございます。 今年の干支は60年に一度の庚子(かのえね)の年に当たります。庚子は昔から西暦1600年の関ヶ原の合戦等、大きな変革のあった年が多いそうで、60年前の196 …

年末のご挨拶

今年も一年ありがとうございました。 私が中村眼科に就職してから20年目です。 小学生の時から、近視やものもらいの治療で通院していたので、長い付き合いになりました。 信頼の出来る先生とスタッフ、そして中村眼科に来て頂いてい …

今年もクリスマスがやってくる♪

当院の玄関を入ると…… パッと目を引く大きなワイングラスの中に、斬新な赤と緑のペーパーフラワー。 その下ではゴージャスなサンタさんや天使たちがお出迎え。   グラスの中にはきれいなクリスタルボールでシャンパンを …

10月10日は目の愛護デーです

10月10日は「目の愛護デー」です。 聞いた事がある方も多いかと思います。何故、10月10日なのかご存知でしょうか。 10 10を横にして見ると、人の目と眉に見えるから、だそうです。 目の愛護デーは1931年に中央盲人福 …

遮光オーバーグラス「ビューナル」

遮光オーバーグラス「ビューナル」は、まぶしさ、ぎらつきの原因となる短波長の光をカットする遮光レンズを組み込んだ、普段お使いのメガネの上からかけることができる「オーバーグラス」です。 まぶしさやコントラストがはっきりしない …

複視(両目で見ると二重に見える)を軽減する新しい治療法

複視に対する手術以外の治療方法は、主にプリズムメガネを掛けることでした。しかし、プリズムメガネでは正面を見た時は複視が改善できますが、上下左右などの周辺を見た場合、複視が残ってしまいます。 それを代償しようとして、無意識 …

暑さにご注意

いよいよ梅雨も明け夏本番になってきました。毎日、最高気温が30度を超える予報が出ています。暑さ対策を十分にして、体調など気を付けてお過ごし下さい。 さて、当院でも恒例になりましたが、窓と玄関が夏の装飾に変わっています。 …

小児眼鏡フレーム「アイハピー」のご案内

公益社団法人日本視能訓練士協会と、株式会社クリエイトスリーが共同で小児の眼鏡フレーム「アイハピー」を開発しました。 「アイハピー」とは、アイ(目)にハッピー(幸福)が宿ることを願って誕生したブランドです。 小児の眼鏡フレ …

1 2 3 10 »
PAGETOP